秋もエビchan系ワンピ!エレガントBAGとパシュミナストールで“姫可愛い”【おしゃれマニア-Inbi-】


Diary ** kyam@k **
LinkJapan日記リンク
このリンクを踏むとランキングとやらが上がるらしいです...
どうでもいいですけど...

diary kyam
kyamcat home

2006年5月の日記


かなり疲れてきました
今日から一人駐在状態なので山のように仕事が舞い込んでくることを覚悟していたのですが,意外や意外午前中は比較的平和でした。 日本がGW真っ只中で休みだからかな?などと思ってたのですが... でもやっぱり結局,午後になって大人気で困っちゃいました。 身体がいくつあっても足りない状態です。
慢性的睡眠不足と,これまた慢性的のどの痛み(咳)が追い打ちをかけてくれちゃうし疲れます。 その上,東京の自宅とか韓国の関係者とかが訳のわからんことを言って来るし,夜は夜で早く帰ったものの周りの人間のトロさに呆れ返ったり,久々ブチ切れそうになりました。 だけど疲れすぎて起こる気力も無い状態です。
2005年05月の日記をここからHPの方に移したりしててハタと気がつけば,HPの最終更新日表示が2005年だったり,まったく何してんだか状態です。
ということで久しぶりに早寝するゾッ!
2006年5月1日(月) No.988

ストレスと食べすぎで太っちゃうかも
なにやってたんだか思い出せないくらい色んな人たちに相談を受けたり,量産品や試作品の確認やったり,大量のe-mailに対応したり,etc.
こんなことでは絶対ミスが出てしまいそうで恐いです。
夜は日本食レストランに行き,日本飯ヤケ食い状態。 お腹が苦しいです。
一応メニューとしては,
天麩羅盛り合わせ
野菜サラダ
茶碗蒸し
牡蠣フライ
お好み焼き
うどん
おにぎり
ビール
食べすぎだヨそりゃ...
2006年5月2日(火) No.989

いよいよ断末魔?
忙しさが加速してきました。
実に今日はインドネシアの工場で打ち合わせをしつつ,左手・左耳でインドネシア携帯にかかってきたハワイからの国際電話を受けつつ,右手・右耳では韓国からの国際電話に対応している自分。 聖徳太子と呼んでください。
日本は休みみたいですが,かえってそのせいか何だか異様に業務が我が身に集中している感じです。 英語・日本語・韓国語・インドネシア語(これは超片言ですけど...)頭の中で同時通訳してる自分。 ついには英語と韓国語がごっちゃになってきちゃいました。 末期的症状ですか?
2006年5月3日(水) No.990

CoffeeとWine関連のハードを作ってます
今日は久しぶりに定時退社し買出しに出かける。
買ったものリスト,
発泡スチロールカップ(会社で熱い飲み物を飲む時に使用)
牛乳(会社でエスプレッソを淹れる時に使用)
Coffee Creamer(会社でノーマルコーヒーを...)
コルクスクリュー(会社でワインを...)
...
いったい会社で何してんの???と思われそうだから,この辺で止めておきます。
2006年5月4日(木) No.991

顧客の立場で設計しなさいッ!
奇特にもインドネシアの会社の事務所にワインを持ってきてくれていた人がいて,当然誰も手をつけずにいましたから,ありがたくいただいてホテルで飲もうと思いました。 というわけで昨日の買い物リストにあるワイン用コルクスクリューを持ち帰ってトライしました...
が,もうお解かりですね,最悪状態。 まずは刺さらない! 先端がなまってます。 次には抜こうと力を入れたらあっけなくスポッ...と,スクリューの根元が抜けてしまいました。 普段は韓国製品の情けなさを色々と書いてますが,インドネシアも同等と言うことで...
まあ最後はナイフなど使いつつ何とか開けて飲めました。 こんなことならまともなコークスクリューを日本から持ってくるんだった...

今日はこの時間(現地22時過ぎ)になっても誰からもお呼び出しをいただけず,チョイト淋しい週末の夜です。 って言っても明日も出勤ですけどね,勿論。
2006年5月5日(金) No.992

寒いのが好き
このところ周りのインドネシア人たちが結構病気がち。 呑み友達でもあるバンドのメンバーやその取り巻き連中,会社でもラインリーダーなどが次から次へ腹痛などでダウン。 一番ヤバそうな自分が元気なのが不思議です。 ひょっとしたら数日前から実施している人間ヒートショックテストのおかげか? 毎日昼ごろ+50℃,夕方-20℃に設定されている恒温槽内で作業しているのです。 私にとっては+50は地獄なのですが,こちらのメンバーは結構平気みたい。 逆に-20は私一人,半袖のままで平気で数分間いられるのに彼らはとにかく早く逃げたしたがります。 まあ外気温が+30℃前後なので-20から出た瞬間はクラっと来ますけどね。

とりあえず今日,フライトの変更をかけました。 元々今度の月曜日に東京へ移動するチケットでしたが,交代要員の都合などで来週いっぱいは,ここインドネシアのスマランに滞在しなければならないかな?という状況ですので,一週間後に変更しました。 きっとまた再変更になるとは思いますけどね。 こういうときOpenチケットだと便利なんだか,予定が決められず不都合なんだか... ところでJALのジャカルタオフィスは土日は誰もおらず香港オフィスへ電話が転送される仕組みでした。 いつもはすんなり行くフライト変更が何故か香港ではトラブり,無駄な時間が費やされてしまいました。 しかも結局,成田-仁川がジャカルタ-成田移動の当日乗り継ぎしか取れないという訳わからん状態。 電話に応対してくれたシャオチェも日本語今一だったし,また月曜日にジャカルタに電話しなきゃな。
2006年5月6日(土) No.993

言葉と音楽で交流だ
うだうだと昼間過ごして夕方から出かける。
スマラン中心部のシンパンリマへ出かけ,モールでUSBのDVDドライブなど探すが置いてない。 その代わり?と言っちゃ何だけどインドネシア語-英語の電子辞書とかインドネシア流行音楽のスコアなど買う。 どちらもインドネシア文化を更に深く知ることで現地ビジネスマンとの円滑なコミュニケイションを図るためです。 この辞書,格安でしたが一応20万語入ってるみたいで,しかもほぼ名刺サイズのコンパクトさ(質量は僅か60g)が気に入りました。 まあキータッチとかはボロボロですけどね... ALFA LINKというブランドのEI-312というモデルです。 買値は20万ルピア(約2,800円)でした。
2006年5月7日(日) No.994

気力なし
物理的に離れているというのは,いくら電話やInternetなどのインフラが進んでいても,ある種無理がある。 ましてやここSemarangという田舎町ではどうしようもない。 大きな図面(2次元・3次元)を受け取れず仕事にならんッ!
それなのに状況を理解しない(出来ない?)日本人・韓国人たちにいい加減ウンザリしてきた今日この頃です。 今ここSemarangに縛り付けられている俺を頼りにするなッ!

とまあ相変らずチョイト愚痴ったところで本題。
と思ったけど,ドット疲れたので愚痴だけ日記でした。
2006年5月8日(月) No.995

抜け出せないし勝手にやめられちゃうし...
何とか量産立ち上げが上手く始まりそうな予感。 だけどもう一機種難題だらけのモデルもあり,かといって期待していた交代技術要員がどうやら来てくれそうも無いし,いったいいつになったら抜け出せることやら...

NiftyからEyeballパティオがサービス終了との連絡あり。 理由は「同様な機能を備えた無料サービスが登場したり、サービスをご利用されるお客様も減るといった市場環境の変化・・・」だそうだ。 結構TV電話として利用していたのでがっかりだけど... しょうがない? うんにゃッ! だったら無料にして継続すべきジャンッ! 何という顧客無視の対応だ。 インターネットが普及する前,所謂パソコン通信と呼ばれていた時代からのNiftyファンとしてはとてもとてもとても残念です。 IT系企業の中ではまっとうな会社だと思ってたのに,これじゃ孫さんのとことかホリエモンのとことかと変わんないジャン...
と怒るほどのことでも無いか? だって今は自分もskypeとか使うことのほうが多いからね。
2006年5月9日(火) No.996

韓日午後二時はここの12時です
どうも計画通りに物事が進まない。 それもこれも所謂ミスコミュニケイションに因るもの。 多くは言葉の問題・文化(国とか業界とか)の違いによるもの・取り組む姿勢と考え方の違い・・・などですが,中には意図的?とも思える事例もあり若干イラついてます。
そうは言ってもやるこたぁーやんなきゃだし,そろそろ日本と韓国に戻んなきゃ色々ヤバイくなってきたし,困ってます。

それにしても日本と韓国の皆さん,時差を考慮して電話とかしてきてくださいね。 日本標準時 - 2時間がここジャワ島の現地時間です。 いつもちょうど昼食に行こうかな?とか,まさにさあ飯食うぞぉーってぇータイミングで電話してくるのは勘弁してね!
2006年5月10日(水) No.997

精神的に疲れました
いつの間にか気がつけばこの日記のカウンタが10000を超えてますね。 途中一度システムの問題でカウンタがリセットされていますから実質15000くらいかと思いますが... まあ,だから何だ?ですけどね。
逆にHPの方はカウンタの上りが停滞してるので,そろそろ新ネタを仕込みたい気もするのですが暇が無い。

今日は終わり悪けりゃ全て悪し... なんて表現は無いと思うけど... 夕方までは仕事も順調にこなせて,それなりに研究成果も上がってまずまずだったんだけどなあ...
あーあ,何か良いこと無いかなあ...

今度の土日は会社も連休だし,せっかくインドネシアに来てるんでバリ島でも行こうかと思ってますが,果たしてどうなることやら...
2006年5月11日(木) No.998

比較三題(JAL・技術者・旅行社)
次の出張者との引継ぎなどで日本行きを17日に変更。 今回はJALジャカルタのいつもの担当者に電話したらほぼ一瞬で変更できた。 インドネシア >> 香港という図式か?
韓国の仕事のほうで面白いプロジェクトを始めようとしていたのだが,私自身が日本の仕事でインドネシアに磔状態にされていて,思うように進んでいなかったのに,追い打ちをかけるようにキーマン(韓国人技術部長)が会社を辞めるかもしれないという情報。 この人がいなきゃ話にならないです... だって私の3年の韓国駐留の中でただ一人,言葉の通じる(即ち超優秀な)オーディオ(スピーカ)技術者だから。 日本人にも今や殆ど居ないのにね。 私が元居た梁山に本社のある某スピーカ専業メーカの技術者たちとはえらい違いです。 前の会社には,まあ中には多少まともな人もいましたし,一人だけど例の博士様はちょっと違う意味で尊敬できる,私の話を理解できる技術者ですけどね。
今日は,夜になってようやく明日明後日のバリ島行きのチケットやホテルの手配が終わりました。 一瞬,帰りの便が旅行社の勘違いで,朝06:30というとんでもないことになっていましたが,この街ではめずらしく遅くまでやってる旅行会社で助かりました。 いつもこちらの会社で使っている旅行会社は夕方16:30までなので時々チケットの受け取りなどで困っちゃうのです。
2006年5月12日(金) No.999

景色に泣くなよ!
まあこの国ではよくあることなので私自身は動じなくなっちゃてるんですが,予定のフライトが突如キャンセルされていました。 でもまあ余裕を持ったスケジュールだったので別の航空会社に代えて何とかSemarang - Surabaya - Dempasarというルートで憧れのバリ島に到着。 この空港そのものは何度かJakarta - Narita便の乗り継ぎで無理やり降ろされ,一時間くらいラウンジでボーッとすると言うパターンで滞在したことはありますが,いつも深夜で景色なんか見えないし滞在なんていえない状態でしたから初めてと言っていいですね。

まあ所謂南国観光地ですなあ... というのが第一印象。 空から見えたエメラルドグリーンの海岸線は近くに行って見てもそれなりに(久々のまともな砂浜だったから)良かったし,観光地の割には呼び込みなどもしつこくなく満足です。 とくにサンセットが美しく,妙に感激しちゃったのは心が弱ってきてる証拠ですか?
とにかく疲れたので,これまで。
2006年5月13日(土) No.1000

暇も根性も金も時間も...
帰りもまたフライトトラブル。 Denpasar - Jogjakarta便が約2時間遅延。 delay,更にdelayと繰り返されちゃいましたので,ガルーダのいつものパターンで最後にはキャンセルされちゃって,もう一泊か?などと妙に期待しちゃいましたが結局飛んでくれたおかげで,JogjakartaからタクシーでSemarangまで約3時間,深夜0時過ぎの到着です。
くたびれ果てました。
バリ島関連は暇と根性があればHPの方にでも,いつかまとめようかと思ってます。 が...このところどちらも持ち合わせが無い...
2006年5月14日(日) No.1001

民族性の違いですかね?
一応Semarangの工場は今日まで。
昨日入ってきた日本人メンバーたちとの引継ぎなど行う。
恒例になりつつある+50℃/-20℃のチャンバー内での品質確認。 今日は新メンバーがじっくり見てくれたおかげ?で新たな不具合が発覚。 参ります... せっかく良いとこまでたどり着いてたのになあ... まあ暫定対策は決めたから良いとしても,またまたまた?(何回目かなあ...)日程が延びそうです。
その他,品質基準をめぐり仲の良い現地人生産部長と若干口論になったり,何だか人間関係もしっくりこない一日でした。
まあ,この部長さんとはすぐに肩を叩き合う感じに復旧しましたけどね。 現地人受けはとっても良いのです。 なぜでしょうね? 基本的に他の(今までの?)日本人と違って偉ぶらないところ? 何でも一緒にやろうよ,みんなで一緒にレベル上がろうよ,情報は全て公開・共有しようね,と言う姿勢が気に入られてるんだと勝手に解釈してます。 韓国会社時代はこれが裏目に出てたんだけどね... 中には私を宇宙人だと,すばらしい解説をしてくれた韓国人もいましたけどね。
2006年5月15日(月) No.1002

Mini Stay = 御休憩ってことか?
JALのフライトスケジュールが一ヶ月ほど前から変更になり,それまでジャカルタ→デンパサール→成田だったのが,デンパサール→ジャカルタ→成田というルートに変わりました。 そのため,Semarang→JakartaをGAの最終便にしてもJALの出発まで6時間以上ジャカルタで間があります。 今回は空港内にあるTransit HotelでMini Stayというのがあったので試しに使ってみました。 6時間でUSD50と,バカ高い感じですが,荷物は置いて置けるしシャワーも使えるし仮眠も取れるし快適です。 ただ,Do Not Disturbの札をかけ忘れてたため,シャワー中にRoom Makingが入ってきちゃって,ちょっと焦ったりしました。 それとインターネット接続はありませんでした。
とにかくジャカルタ空港内は危険がいっぱいなので素人さんにはお勧めですね。
2006年5月16日(火) No.1003

日本は疲れるし睡眠不足になっちゃうし...
00:25ジャカルタ発,09:25ごろ成田着。 ひたすら眠っていて飲み物も食事も全てパス。 トイレにも一度も立たず。 首と肩と背中と腰とふくらはぎが痛い。 けどその他体調はまあまあ。
大荷物を自宅に宅配で送りリムジンバスで渋谷へ。 久しぶりに桂花の太肉麺を満喫し出社。
結局晩飯抜きで夜22:45まで仕事(殆ど会議)して福生へ帰る。 遅すぎてライナーは終わっちゃってるし,立川からの五日市線最終だったし。 日本円現金の持ち合わせが少なかったので途中からタクシーになったら困るなあと思ってましたが何とかなりました。 でも帰宅時刻は00:30,それから簡単に食事してシャワーしてってやってたら午前2時。 6時には起きて出社しなきゃなんないから今日は4時間しか眠れない,あーあ... 疲れるなあ...
2006年5月17日(水) No.1004

お気に入り 修理してでも 使いたい
まったく日本という国は時間が瞬く間に過ぎ去って行きます。 もう今さら状況を書いてもしょうがないよね。
更につらいことに金も瞬く間に逝ってしまいます。 通勤費(自由席特急券やライナー券含む),食費などなど。 インドネシアと一桁違うよなあ...
そして体力も瞬く間に消耗(歳のせいだと突っ込まれそうだけどね)。

まったく関係ない話題ですが,ずっと愛用していたKOSSのインナーイヤタイプのヘッドフォンが今回の出張中についに壊れました。 L chのバックケースが外れただけですが,インドネシアで接着剤で固定してみたら,やたら低音がタイトで力強くなっちゃいました。 だけど,R chはそのままだから,どうにも違和感が付きまとい買い替え時かな?と思っていましたが,L chの音そのものは結構気に入ってきたので,ためしにR chも一旦バラして再接着してみると,これがまあ偶然?なかなか全体的にヨサゲです。 当分このまま使えそう。 何しろこのHP,インナーイヤの割りにバカ高いからね。
2006年5月18日(木) No.1005

終電無くなるまで働くか?
このところ日記更新が遅れ気味です。
理由は簡単,日本特有の「みんなで全力疾走モード」に完全に取り込まれてしまっているから。
2006年5月19日(金) No.1006

なんか変だぞ? JR
結局表参道からタクシーで約18,000円の帰還。 当然お泊りのほうが安上がりなんだけど,帰巣本能ってやつですか?
昼過ぎまで眠ってました。 夕方出かけ,明日のNEXチケット購入に。 だけど福生駅の緑の窓口がなくなっていて妙な機械応答システムで購入しました。 だけど結局マイクとスピーカで係員と会話しながら手続きするというシステムでした。 アホちやうの?
2006年5月20日(土) No.1007

全機能を試す時間が無い
移動日でした。
昼過ぎに福生を出て夜21:30ごろソウル新村に到着です。 近いんだけどやはり疲れます。
今日のフライトは例によってJGC特権?で自動アップグレイドだったわけですが,なんとシートナンバーが2Cでした。 何を意味するかというとファーストクラスシートです。 まあファーストの設定が無い便だったからサービスそのものはビジネスクラスでしたが,マッサージ機能付きのシートは初体験。 シューズボックスがあったり,サイドテーブルとかヘッドレストの左右に読書灯がついていたりとか,使い方わかんないじゃん!状態でした。

仁川からは庶民的にバスで新村に移動しましたが,このバス,途中高速道路でパトカーに止められるというめずらしい経験もしました。 運転手は止まる前にしきりにシートベルトを締めるよう言っていましたが,止められた原因は無灯火だったからみたいでした。 しっかりしろヨです。
2006年5月21日(日) No.1008

Hennessy好きが共通点
昔からの取引先であり友人でもある日本人から電話を貰いました。 ちょっとした仕事のネタになりそうでしたので,日本の某オーディオメーカにいる別の友人にe-mailで打診してみたり,同じく日本の会社で工場の管理・指導などを行っている会社社長にSkypeしてみたり,何か面白いことになってくれないかな?と期待です。
それにしても冒頭の日本人,元々USA在住で世界を飛び回っている人。 私が韓国に来てからは滅多に会って話することが出来ません。 今回も私が日本からソウルに戻った日にちょうど中国から日本に入ってこられたというスレ違いです。 そのうち昔のように呑みながら話したいなぁ... できれば八王子あたりでネッ!
2006年5月22日(月) No.1009

何やってんだか...
今日はいろんなことのあった日。

メインイベントはここ新村の오피스텔(オピステル・Officetel?)の契約更新。 ついに二年目突入です。
それそのものは何事も無く大家さんと仲介不動産屋(韓国&日本語出来る仲介不動産屋さん含む),皆さんとてもよい方々で,無事終了。 だけどますます韓国語が出てこない自分に唖然です。

その他は何のために韓国に戻ってきたのかわかんないくらい,日本の会社仕事でインドネシアや日本との連絡に明け暮れてました。 もういい加減にして欲しいものです。

ハッキリ言って,日本仕事より韓国仕事のほうが金になるのよねッ!
まあ... 日本のある特殊な優遇対応も(今は言えないけど)魅力ではありますけどね。

それとせっかくソウルで仲良くなれた(と言っても数回しか会って無い?
)日本人ビジネスマンが帰任するとの話があり,ちょっと淋しいです。 > RD Mr.I様。 私のように独立をお考えのようですが,なかなか厳しいものがありますよ。くれぐれも慎重に行動なさることを期待します。
2006年5月23日(火) No.1010

変わってきてる? だけど飲み方一緒ね
このところ玄関灯が不調で,いつまでたっても点滅したまま消灯しないという最悪状態でした。 点滅ってのはやたら電力消費するので電球廻りが熱くて触れないほどになっていました。 電気代はさほど気にならないけど火事にならないかと心配で,いつも世話になっている日本語のできる不動産屋さん経由で管理事務所に修理依頼しました。 こういう場合,去年のガラス爆発事件を振り返ってもわかるように,長〜〜いこと待たされるのがこの国(街?建物?)のパターンだと思っていたら,今日の夕方には工事の人が来てほんの数分でセンサーを交換してくれました。 ちょっと見直しました。

夜は久しぶりに近所の関西系居酒屋「とんあり」で昔の会社の技術者と歓談。 そのまま韓国パターンで2次3次と...
くたびれ果てました。
2006年5月24日(水) No.1011

久しぶりに?反省の一日
流石に昨晩は呑み過ぎ。 インドネシアでは基本的にイスラムの国だから,そんなに大量飲酒にはならなかったので健康的でしたが,日本と韓国はやはりヤバいね。 まあ心の健康のためには,たまには良いか?
何人かの日本人と電話したのとe-mailでのやり取りやったくらいで一日死んでました(福田さん的に言えば生体反応無し...ってところ?)。
2006年5月25日(木) No.1012

安くて便利なものは使わなきゃね
今日からskypeoutを使い始めた。 前から興味はあったのだがついつい面倒でやってなかっただけ。 久しぶりにskypeのページを見てて,まだベータだけどSMSができるというのがあったので早速クレジット購入しました。 通話品質はまあまあだし,なんてったって安いですからね。 何よりSMS送れるのは便利かな? でも調子に乗ってインドネシアに合計30分くらい電話したら500円分くらい使っちゃいました。 でもどうして携帯電話にかけると固定電話の5倍から10倍の値段になっちゃうんですかね?
今日は来週の日本行きチケット手配や,打合せのスケジュール調整などに追われつつ,インドネシア工場や香港・中国出張者からの電話&e-mail応対とか,結構忙しかったなあぁぁ...
2006年5月26日(金) No.1013

時間とともに被害者数が増えるのが常
インドネシア・ジャワ島の地震。
震源に近い都市ジョグジャカルタは私の最近の仕事場から車で3時間ほどの場所。 通訳の女の子の実家があるのでとても心配していましたが,連絡してみると「家族はみな大丈夫ですが屋根が落ちました。」という若干ノホホンとした返事。 skypeのchatでの会話だからニュアンスは良くわかんないけど,このコはホントに明るくて良い性格です。 土曜日だから14:30で工場が終わってから帰りますと暢気なこと言ってたので,仕事はどうでもいいから早く行くように指示しましたが,結局終業後行ったみたいです。 まさか他の日本人などから何か言われたんじゃないかと心配です。
NHKのニュースでジョグジャの空港も映像がありましたが,ついこの間バリからの帰りで降りた飛行場なのでツライ気持ちです。
夜になってNHKのニュースでは報道されなくなりました。 それどころかプロ野球中継なんか始まって... ワールドカップの報道なんかどうでもいいから,ちゃんとやらんかいッ! と少し怒ります。
2006年5月27日(土) No.1014

曜日の感覚が狂ってしまいそう
日曜日なんだけど,日本出張準備とか,各種懸案事項の整理・対応してたら普段と変わらない一日でした。
あえて言えば夜になってオフィスビルの一階にあるファミリーマートから豆腐と焼酎買って来て,呑んでたくらいが休日らしい?(毎日のことだろ...と言われそうだけどね)。 ああ,それとインドネシアで買ってきたスコアを開いてインドネシア・ポップスの名曲を読んだり弾いたりしたくらいか?
それにしてもジョグジャのほうが心配です。 自分が行けるものなら行って救援活動に参加したいくらいですが...かえって邪魔か?
2006年5月28日(日) No.1015

期待はずれと予想外
あわただしい一日でした。
今回未納しちゃうと止められてしまうガスの請求書がやっとのことポストに入っていたので銀行へ。 「自動引き落としにしませんか?」と聞かれるのを期待?して心と言葉の準備をして行ったのに,「これの払い込みですね?」「はい」だけ... 肩透かし食らっちゃいました。 せっかくたびたびこの日記に登場のソウル不動産の李さんに来月からの自動引き落とし手続きしてもらってたのになあ...
その足で旅行会社でチケット(じゃ無くてe-ticketだから領収証)受け取りに地下鉄を乗り継いで行きました。 最寄の駅の構内に本屋が在るので,そこで日本の会社の韓国ファン女子社員に頼まれていた本を買おうと思ったのですが,残念ながら置いてませんでした。 仕方なく新村に戻って買おうかと,ぶらぶら散歩がてら歩いていて大きな道路を渡るため地下に降りたら永豊文庫があり,目的の本が買えました。 でもちょっと恥ずかしかったです。 なぜならどう見ても若い女の子が読みそうなコミックスだったから...
ということでほぼ本日の予定をこなし,部屋に戻って仕事関連のe-mailや電話の合間に明日からの日本出張準備などしていて,もう23時過ぎです。
2006年5月29日(月) No.1016

e-mailしない分電話で追いかけられる
予定通り,金浦-羽田移動。
蒲田にある関連施設訪問し,その足で南青山オフィスに行く。
その後予定通り二組会食打合せ。
一応成果はあったが,このあとのフォローが大変かな?
しかし今日は一日中携帯電話が鳴りっぱなしに近い状態でした。 何だかメチャ多忙な日本業務がスタートです。
2006年5月30日(火) No.1017

♪黒いかばんをぶら下げて歩いていると...
昨晩というか今朝までミーティング?だったので午前中は死んでました。 しかも身体の節々が痛む。 一番の原因は重たいかばんを提げての移動。 今回は短期間なのと日本だけのつもりだったので大きめのショルダーバッグだけにしたのが敗因です。

おまわりさんには呼び止められませんでしたけどね... ってわかる人少ないだろうなあぁ...
2006年5月31日(水) No.1018


[Admin] [TOP] [HOME]
shiromuku(cr3)DIARYS version 1.10
CGIレンタル



2年以上日記を保存したい方へ!無料→有料日記データ移行(ご自分で削除した過去の日記も修復可) LinkJapan